2012/07/22 : SHERLOCK S2 E1 ‘A Scandal in Belgravia’ premieres in Japan

待ちに待って待って待ち続けた SHERLOCK S2 の放送が
ついに始まりましたね。みなさん、もうご覧になりましたか?

editor は UK 版 BD ですでに何度か鑑賞していたものの、
それでもいざ公共の電波で放送される日が近づいてくると、
冷静ではいられませんでした。異様に緊張していた気がします。

S1 のどの話にも増して、内容がぎっしり詰まった濃厚エピソード。
瞬きするのも、息をするのも忘れるほどに引き込まれた 90 分。

って、infobank 最初の投稿でもそっくりなことを書いた記憶が…
1年近く、SHERLOCK とバッチさんをたくさん観察して、
うんと萌え神経を鍛えてきたはずなのに、まるで成長していない。

瞬き忘れてドライアイ。呼吸を忘れて酸欠。
SHERLOCK と自分の間に生じる避けがたい化学反応 (開き直り)

– – – – –  以下、ネタバレあり – – – – –

今回の吹替で 「うまい!」 と思ったのは、殴り合いを始める場面。
「殴れ」 の事情を呑み込めないジョンにしびれを切らしたシャーロックが
「めんどくさいな」 と言って、先にジョンを (軽く) 殴るところでした。

英語では ‘Oh, for God’s sakes!’ という表現が使われていますが、
「あぁ、もう、めんどくさいヤツだ。さっさと言われた通りにしろ」 っていう
何ともシャーロックらしいモヤモヤがキレイに出ていたと思います。

アイリーンの女王様ぶりも、吹替がお見事でした。
「机の上で一戦交えたい」 や 「誰かとつながったことある?」 なんて、
NHK にしては相当がんばった際どさじゃないでしょうか?

他にも、好きなシーンや台詞は山ほどあるわけですが、
ここに書き始めると大変な分量になってしまうので自粛しますね。

原作 「ボヘミアの醜聞」 をここまで見事に現代風にアレンジした上、
ダークに、エロティックに、切なく、美しく映像化した製作陣に万歳!

鑑賞後の余韻がこんなに激しく、こんなに続くドラマなんて、
わたしは他にまったく心当たりがありません。絶対にないはず。
後にも先にも SHERLOCK だけ。そう信じたい気持ちです。

さて、では S2 E1 おさらいと行きましょう。

物語の理解度がわかるクイズ
RadioTimes
Sherlock Week quiz four – A Scandal in Belgravia

editor が愛して止まない fanvid
YouTube
BBC Sherlock • Sentiment [SYTYCV]


Thanks to: Nyah86Production for uploading :)

editor’s Tumblr
Cumberbatch photobank
※ ‘S2 E1’ タグ検索結果一覧

最後に BBC 公式 S2 E2 トレイラーを紹介しておきます。
07/29 (日) 22:00 をどうぞお楽しみに☆

YouTube
Sherlock: The Hounds of Baskerville Preview – Series 2 Episode 2 – BBC One