2012/12/04 : Benedict Cumberbatch attends STID presentation at 109 Cinemas Kiba

「スター・トレック イントゥ・ダークネス」 フッテージ (映像資料、映像素材) の
世界最速上映の場となったのが、なんと 109 シネマズ木場 (東京都) !

09:50 からの IMAX スクリーンを使用したプレス向けプレゼンテーションに、
監督のJ・J・エイブラムス、カーク役のクリス・パイン、そして前日夕方に
初来日を果たしたばかりのベネディクト・カンバーバッチらが参加しました。

連合通信.com
監督、出演者、プロデューサーも来日出席=「スター・トレック~」プレゼンテーション
※ この記事から、今回の来日目的が明らかとなりました

シネマトゥデイ
『スター・トレック』は壮大な人間ドラマ!J・J・エイブラムス監督の制作意図
ベネディクト・カンバーバッチ、素顔は冷酷な悪役?『スター・トレック』について語る!

CinemaCafe.net
『スター・トレック』最新作を携えJ.J.エイブラムス来日! 出待ちファンに手応え十分?
ベネディクト・カンバーバッチ、最新作での悪役演技は「シャーロック」より自信アリ?

映画.com
J・J・エイブラムス「スター・トレック」続編の世界最速プレゼンを日本で実施!

Walker plus
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』世界最速フッテージ上映で
J.J.エイブラムス監督「私の大好きな要素が全て詰まった映画」

海外ドラマNAVI
あの『SHERLOCK』ベネディクト・カンバーバッチが来日!
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』特別上映会に登場!

tvgroove.com
「スター・トレック」B・カンバーバッチ、C・パイン、J.J.エイブラムスが日本に集結

マイナビ
J.J.エイブラムス「日本はアイディアが浮かぶ場所」-『スター・トレック』

TrekMovie.com
Abrams, Cumberbatch & Pine Talk Star Trek Into Darkness At Tokyo Press Event

RadioTimes
Benedict Cumberbatch Star Trek character is “not clearly good or evil”

editor’s Tumblr
Cumberbatch photobank: 109 Kiba
※ 一部、木場以外で撮影された画像も含む

フッテージ公開に使われたスクリーンは 11:30~ 「007 スカイフォール」 の
上映予定となっていたため、11:00 すぎには質疑応答などがすべて終了。

その後、3人は一般の人が利用するロビーへと登場したというから驚き!
バッチさんは、出待ちしていたファンにサインをしたり会話をしたり、
穏やかな笑顔と声で対応していましたが 「誰か来てるらしい」 と気付いた
一般の方々がその場に集まり始めた際、既にそこで並んでいた方々が
後ろから押されるような形になってしまったことに気付き、
少し大きな手振りと凛とした声で 「危ないから、あまり押さないで。
倒れてしまうといけないから、どうか少し落ち着いて」 などと伝え、
若干混乱気味となったその場の空気を鎮めようと気を配っていました。

この時の様子が、国内外の一部のファンに 「腹を立てていたらしい」
「日本のファンはマナーがよくない」 などと、正しいとは言い切れない
解釈でもって捉えられていたのを目にした時は、非常に残念でした。

editor は、その場にいらした何人かの方から詳しい様子をうかがって、
複数の動画を何度も確認しましたが、そのようには見えませんでした。

異国の映画館に滞在しているわずかな時間、望まない混乱によって
万一のことが起きてはいけないという気持ちから自然と出たのが、
あの時の言葉としぐさだったのだろう、と editor は信じています。

バッチさんが気分を害したわけではないことは、エレベーターで
その場を後にする際、ドアが完全に閉まる瞬間まで優しい笑顔で
手を振り続けていたというエピソード (A さん、ありがとうございます) や
@ino1104 さんが撮影して下さった動画からおわかりいただけるはず。

論より証拠な動画がコチラ

thanks to ino1104 for sharing!

その他の動画はコチラ
Cumberbatch videobank: Benedict Cumberbatch, 109 Cinemas Kiba, 04 Dec 2012

今回の記事は、A さん、いのさん、editor が TL でお見かけした
ツイート主のみなさまの情報を参考に書くことができました。
状況を教えて下さったみなさん、本当にありがとうございました。

– – – – – additional video as of 2013/01/20 – – – – –   NEW!

YouTube – Paramount Japan
『スター・トレック イントゥ・ダークネス』緊急来日レポート

プレス向けプレゼンテーションの様子、初めて見れましたね。
会場での動くバッチさんを見られてうれしい! わーきゃー!

エイブラムス監督が話している時、後ろのスクリーンに
バッチさんの影が映っていますが… いやだ、影さえも美しい♡

The first nanosecond was sheer unadulterated joy.
There is a reason and a fully-fledged character motivation behind it.
So, for me, that’s a joy.
I felt, I felt I escaped, hopefully, I escaped the cliché that it could’ve been of just being the bad guy.
-checked by Silvia (@MsSilT). thanks, lovely :)

ふぅむ、やはりご本人の口から聞くのは格別の感動があります。
語彙の選び方には、その人の性格や思想がにじむと思うから。
バッチさん、sheer unadulterated joy を与えてくれてありがとう♡