2013/01/18 : Benedict named Guest Director of Cambridge Science Festival 2013

ケンブリッジ大学 は、毎年 3 月に Cambridge Science Festival と題して
キャンパスや研究所を一般開放し、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層の
人々が科学に親しめるよう、専門家らによる講演や展示などを行っています。

今年は 3 月 11 日 (月) ~ 24 日 (日) の日程で開催されることが決定しました。
そして、ベネディクト・カンバーバッチがゲスト・ディレクターとして参加することも
公式サイトから明らかになりました。 何たる適役! 素晴らしい人選!

Cambridge Science Festival
A note from our Guest Director, Benedict Cumberbatch

「科学」 の世界とのかわいらしいなれ初め、俳優という職業を通して
今まで何度も科学に接してきたこと、楽しみにしている講演などについて、
知性とユーモアを絶妙なバランスで混ぜ込んだ挨拶を寄せています。

editor が Twitter や各種サイトやブログなどから学んだことの一つに、
PC や携帯の画面を通して見る言葉からでも、それをしたためた人の
性格や特徴などが十分すぎるほど伝わってくるということがありますが、
バッチさんの紡いだ文章も、その例に漏れることはありませんでした。

一番最後のパラグラフを読んでから、editor の頭の中は大変です。
あちこちのイベントに顔を出しては、子ども顔負けのキラッキラな瞳で
「えーっ!」「わーお!」 「すごい!」 などと感嘆の声を上げながら、
楽しそうに科学を吸収して好奇心を満たすバッチさん (36) の想像で!

たぶん、こんな顔もすると思うの。
Advertisements