2013/07/16 : Benedict makes live appearance on NTV Sukkiri!!

前日夕方、STID プロモーションのため成田空港に降り立ったばかりの
ベネディクト・カンバーバッチが NTV スッキリ!! に生出演しました。

YouTube
Benedict Cumberbatch on Japan’s TV program “スッキリ!!” 2013.07.16 part.1

日本では初めてとなる TV 生出演でも、相変わらず自然体なバッチさん。
異国の地でもきちんと睡眠を取れたようで、目元はスッキリ (あっ…)
おねむの時によく見られるポッテリ二重瞼にはなっていませんでした。
異国の地でも必要な睡眠は大体とれた、というところでしょうか。

editor の印象に残ったところを中心に、バッチさんの言葉とその訳、
感想などを書いていくことにします。全訳ではありません。
バッチさんが日本語を話すとしたら… のイメージで意訳しています。
誰かの声と重なるなどして聴こえなかった部分は (…) にしました。

お互いの衣装を褒め合ったりする和やかな挨拶やジョークで始まり、
次に、成田でのお出迎えについて、コメントを求められたバッチさんは
It was amazing. Really truly amazing. Just extraordinary.
感動したよ。本当に本当に素晴らしかった。驚くほどにね。
と落ち着いて返答。自分に言い聞かせているようにも見えました。

その後、ウエンツ瑛士さんが 「朝早いけど…」 と気遣ったところ、
バッチさんは 「大丈夫、どうもありがとう。ありがとう」 とお礼を。
「周囲の人によくお礼を言う」 なる定説をしっかりと確認  |・_・)ノ

次に、最近のバッチさんの活躍ぶりをまとめたビデオがスタジオで流れ、
エイブラムス監督が自分を褒めている場面で思わず微笑んだ時の顔が
うれしいやら、てれくさいやら、J.J. 大好きやら… って、もうかわゆ♡

Thank you very much. I feel like I should retire now.
That was amazing. Thank you very much.

どうもありがとう。もう引退しちゃおうかな。
すばらしいビデオだったよ。本当にありがとう。

次に、成田での盛大なお迎えについて、感想を求められたバッチさん。
ここはぜひ記録に残しておきたいと思い、聴き取ってみました。

I mean, it’s really overwhelming.
えっと… 本当に感動しているよ。

I was slightly prepared of it because of having a big experience
when I first visited with J.J., but I was so grateful, so humbled.

前回 J.J. と来日した時にも大勢の人に歓迎してもらったから、少しは心の準備が
できていたけど、やっぱりありがたいことだし、頭が下がる思いがするんだ。

And I was only sad that I couldn’t engage with people one on one and just talk
and sign things for people who’d been waiting overnight, some of them for hours (…)

half a day, and they travelled from all over Japan to see me.
ただ、少し残念だったのは、一人一人に話しかけたりサインしたりできなかったこと。
徹夜してくれた人、数時間あるいは半日も待っていてくれた人のためにね。
みんな、全国から僕に会いに駆け付けてくれたんだよ。

So I was very moved.
だから、とてもジーンときた。

テリー伊藤さんが惚れ惚れした様子で 「目がキレイですねぇ!」 と言うと、
Oh, stop it. Thank you very much. That’s my Mum’s fault.
もうやめてよ。どうもありがとう。ぜんぶママのせい。

その後 、役作りを中心に STID についてひとしきり語った後、
まさかの 「99 秒でクイックに答えま SHOW」 ときた。えっ!
「1 つの質問にどれだけ長く答えられるで SHOW」 じゃなく?

最近覚えた日本語は?
ドーモ!

日本食は食べましたか?
Yes, Miso Soup I love a lot. It’s very simple but I love it.
ん、大好きなミソスープを。至ってシンプルな料理だけど大好き。

長い休みが取れたら何をしたいですか?
‘If’ is a good part of that question. If, I would be with my family and my friends
somewhere in the countryside or near the sea. I love water. I love swimming.
「もし」ってところがいいね、その質問。もし (休めたら)、家族や友人と一緒に
片田舎か海の見える所にでも行きたいな。水が好きだから。泳ぐのも大好きだよ。

日本で行ってみたい場所は? *
I’ve gotta figure this. It’s Semijo…? There’s (an) amazing temple. It’s near the sky needle.
I can’t remember the name of it, but I visited it for one hour.
何て言ったらいいのかな。セミジョ…? 素敵なお寺があるんだ。スカイニードルの近くに。
名前は思い出せないんだけど、一時間くらい見学したことがあるよ。

バッチさんの頭の中にある図、表現、例のどれもがはっきりしないので、
何とも言えませんが、sky needle は細く尖った部分のある高い建築物、
つまり、東京スカイツリーのことを指しているのだろうと思われます。
そこの近くにあるお寺を訪ねたことが、印象に残っているようですね。

ウエンツさんが次の質問を読み始めた時、急に思い出したように、
先ほどのお寺とは別に行ってみたい場所を説明し始めました。

Tokyo!! Um, not Tokyo. I know, I know I really must go to Kyoto.
トウキョウ!! あっ、トウキョウじゃない。キョウトにはぜひ行かなきゃと思う。

東京にあるお寺の話をした直後だったので、言い間違えちゃったんですね。
カメラの前なのに 「素」 で慌てる姿、本当にかわいくて困ります♪

日本でびっくりした事は?
This question has surprised me. No. Everything is sort of beyond expectations.
Politeness, the foods, people’s smiles, the welcome… The welcome at the airport.
That has surprised me.
この質問にびっくりしたよ。冗談。何もかもが予想を上回っている感じ。
礼儀正しさ、食べ物、みんなの笑顔、歓迎… そう、空港での歓迎ぶり。
あれこそがびっくりした事だね。

こうしてバッチさんが答えた後、通訳の井原さんが訳し始めた途端に
次の質問へと移ってしまったため、ほとんど日本語では聴けませんでした。
加藤浩次さんが 「みんなの笑顔ね、さっきの答えは」 と絶妙のフォロー。
加藤さんは、大体バッチさんの話している内容を把握していた様子。
MC としていろいろな番組で活躍する彼の上手さが光った場面でした☆

身体は鍛えている?
Every now and then, yeah, and I’m still working on it (…).
いつもね。今でも続けているよ。

演じてみたい役柄は?
I would like to do a romantic comedy. I think it’s a (…).
ロマコメをやってみたい。(…) だと思うんだよね。

ここで加藤さんが 「へぇー、ラブコメディだ」 と楽しそうに言ったところ、
バッチさんが加藤さんの方を振り返って 「そう、Love Comedy ね」 と笑顔。
限られた時間でもしっかり相手と意志疎通を。そう心掛けているようでした。

今後の夢を聞かせてください *
Whoa… Have a family, and keep working, and convince people
that I can do my job well enough… (gong!) why, I can tell you more!!
ワァオ… 家庭を持つこと、仕事を続けること、きちんと仕事のできる人間だと
みんなにわかってもらうk… (ゴング!)  えっ、まだ話し足りないよ!!

ゴング音が鳴り、バッチさんがびっくりして超早口で話すところは、
「※△$□¥#?!」 とテロップが出てもおかしくないほど面白い。
editor がしつこく何度も聴いたところ wh, c, te, mo の音を何とか確認。
おしゃべり好きなバッチさん、途中で 「ハイ終わり!」 と言われたら
どんな気持ちになるかな… と想像して、上記の訳としましたが、
まだ伝えたいことがある、それを聞きたい人がいるかもしれない、
僕ならまだまだ話せるよ、時間はあるよ、という解釈も可能ですね。

YouTube
Benedict Cumberbatch on Japan’s TV program “スッキリ!!” 2013.07.16 part.2

CM 明け、バッチさんの答えを振り返りつつ、さらにおしゃべりを。
井原さんがお上手に訳されていましたので、いちいちは書きませんが、
なるほど… と感じた部分だけ、思い出として記しておきます。

ミソスープは、イングランドでも人気がある、と言っていましたし、
大好物であるスシの話では 「トロスシ」 と。そうか、トロね。メモメモ。

行ってみたい場所の話は、また駆け足進行だったので、ちょっと補足を。
バッチさんは、海水浴よりも淡水浴がお好みとのことでした。
色白だから、塩水に浸かると真っ赤に焼けてしまうんでしょうね。
I love fresh water swimming. 淡水で泳ぐのが好き。だそうです。

ロマコメで共演したい人… これは生放送では残酷な質問でした!
答えが出てこなくて (というより、言えませんよね) 焦るし、照れるし、大変だ。

Oh God, that’s a difficult question. I mean… um… My mind’s going blank. Hmm.
困ったな、難しい質問だね。そうだな… ええと… 頭が真っ白になりそう。うーん。

Seth Rogen?
セス・ローゲン?

Oh God, my mind’s gone completely blank. I can’t (…)
あぁもう、完璧に頭が真っ白になっちゃった。言えないよ…

カリスマ性に満ちた演技、インタビューで雄弁に語る様子からは
想像もつかないような、女の子みたいに愛くるしい困り方で、
見ているこっちがドキドキしてしまったじゃないの! (ぷんすか

加藤さんが、そんなバッチさんを気にして 「申し訳ない!」 と言うと、
バッチさんは 「ううん、いいんだ、大丈夫、いい人がいたら教えて」 と
答えて、上手い切り返しと思いやりを見せていました。素敵です☆

その後、いよいよ 「おみやげ」 の登場。あーれー、やってしまった…!
バッチさんが  Oh, Kan-batch for Cumberbatch. と音速で理解したことで、
多少はその場が救われたのに、この後は、何と言うか、ご覧のとおり (笑

It’s only three syllables. Only three. This is amazing.
(日本語だと) たった 3 音節なの? たった 3 つ。これ、いいね。

この極寒の場で音節の話をするところが、いかにもバッチさんで…
職業柄、言葉のリズムや響きが気になるんだろうなぁと想像しました。

OK, fantastic. Thank you very much. That’s all right. I’m thrilled.
I like simple. Simple is good. といった言葉で、懸命に空気を暖め、
さらには、バッチさん自らバッチを手に取ってジャケットに (涙涙涙

慣れない日本の生出演でも十二分にプロフェッショナルでした♡
どんな媒体のどんな仕事でも、肩に余分な力を入れずに自己表現する
バッチさんの姿。職業が全く異なるわたしにも勉強になりました。

editor’s Tumblr
Cumberbatch photobank: Sukkiri
おちゃめ顔、彫刻顔などをキャプしました

* huge thanks to my lovely Sylvia for your help :)