2013/09/05 : Benedict on The Fifth Estate red carpet at TIFF 2013

第38回トロント国際映画祭 (TIFF 2013) は、ベネディクト・カンバーバッチが主演する
The Fifth Estate (日本公開未定) プレミア上映のレッドカーペットで華々しくスタート。

日本では 09/06 (金) 08:00 から、その様子をストリームで見ることができました。
ストリーム開始早々、バッチさんが会場に到着した旨を知らせるツイートなどで
Twitter が一気ににぎやかになり、バッチさんの髪型や服装、会場の興奮ぶりが
伝わってきて、PC の前で iPhone 片手にソワッソワ。早くバッチさんを見たい!

えっ、髪、くるんくるんじゃなくなってるの!? (キャー
そして、まさかのボウタイ!? (ソワァ
またファンと一緒に写真撮ってるの? (カワイイー

YouTube
The Fifth Estate: Benedict Cumberbatch (TIFF Red Carpet)

…と、VIP カーから会場に降り立つやいなや、えもいわれぬ貴公子姿。
わぁお! という驚きの表情は一瞬で自分の中に隠して、ひたすら笑顔。

バッチさんは、大勢に向けて漠然と手を振る、ということがない人ですね。
Thank you. と口にしながら、あちこちに目を配って熱心に手を振る姿からは、
彼の真摯さや誠実さが痛いほどに伝わってきて、思わず胸が熱くなります。

あるファンが差し出した分厚い本にサインしながら 「気に入った?」 と尋ね、
「ええ」 と答えが返ってくると 「あぁ、よかった」 と満面の笑みを見せていました。
限られた時間の中でも、ただサインをするだけでなく、意志疎通を楽しむんですね。

また、一人でも多くの人の気持ちに応えるため、ファンのカメラを借りて大勢で撮影し、
「みんなでシェアしてね」 という段取りからは、持ち前の機転のよさを感じました。

ファンがものすごく興奮しているのに、目立った混乱が起きないのは、
バッチさんがこうして落ち着いた様子で堂々と対応しているからなのでしょう。
そんなバッチさんに、またまた惚れ直し。幸せな気分で一杯の editor でした。

その後、数多くの報道陣が集まる場所へ進み、インタビューに答えていました。
答えられない/答えたくない質問にはキッパリと対応するところも素敵でした。

Cumberbatch videobank
IN PUBLIC (2013)
レッドカーペットの様子、インタビュー

Cumberbatch photobank
TFE Toronto red carpet



それから、いよいよ VISA Screening Room (Elgin Theatre) へと入り、
監督や共演者たちとともにプレゼンテーションに参加したバッチさんは、
さすがに笑顔は少なめ、キリッとした緊張感のある表情を見せていました。
おちゃめな魅力いっぱいの笑顔もいいけど、こんな凛々しい顔も好き。

Cumberbatch photobank
TFE Toronto presentation



プレミア上映後、関係者一同は Soho House Toronto へ移動し、
TIFF 主催 Grey Goose 協賛のパーティーを楽しんだようです。
ドキッとするほどイイ男な写真あり。 妄想がはかどるタイプn… (自粛

Cumberbatch photobank
TIFF Grey Goose



おちゃめから大人の色気まで、安定の引き出しの多さでしたね、今日のバッチさんも。
上記リンク先に、今日の動画や画像をまとめました。お気に入りが見つかりますように☆

最後に、今日から YouTube で見られるようになった TFE featurette を載せておきます。
髪が二色になっている貴重なバッチさんやキャストのコメントなど、見応えありますね。
一日も早く日本公開決定の報を聞きたいところ。劇場でプラチナオージーバッチさんを!

YouTube
The Fifth Estate – Featurette

Cumberbatch photobank
The Fifth Estate

Advertisements