2013/12/03 : Benedict answers #AskSmaug questions on Twitter

The Hobbit: The Desolation of Smaug ワールドプレミアの翌日、
ベネディクト・カンバーバッチが The Hobbit 公式 Twitter アカウントから
#AskSmaug タグで集まった質問に直接リプライするという、ファンには
たまらなく魅力的なプロモーションを行ないました。まさかの TL 降臨♪

現地時間 12/3 (火) 12:20 (日本時間 12/4 (水) 05:20) からの予定でしたが、
おそらく数多くの取材へ対応するのに忙しかったのでしょうね、30 分遅れでスタート。

バッチさんの親友である写真家 Helen Rushbrook さんのお友達に向けたメッセージを
無事に 140 文字以内 (!) でツイートし、それから質問へのリプライが始まりました。
いちいちやることがかわいいんだから (´ω`)

 

Buzz Feed
19 Things We Learned From Benedict Cumberbatch’s Twitter Q&A
押さえておくべきポイントを面白くまとめてあります

RadioTimes
Benedict Cumberbatch takes to Twitter to talk Martin Freeman, flying and directing

ほぼ一分に一度というハイペースでリプライが流れてきました。
直前あるいはほぼ生で届いた質問を中心に選んで答えていたようです。
彼の頭が高速で回転している様子を想像してニコニコしてしまいました。
ユーザ名の前にピリオドを置いてフォロワ―全員に見えるようリプしたり、
答えが長くなりそうな質問はあらかじめ RT してからリプするなど、
見えない相手を思いやるバッチさんの姿が垣間見えましたね。

30 分程度続いたQ&A の様子をじっと見守っていたのですが、
つくづく思ったのは 「人柄は文字に表れる」 ということでした。
スマフォの画面に現れる小さな小さな文字は、普段は無機質に
感じられることが多いのに、この 30 分間に流れてきたツイートからは、
それを発信しているバッチさんの温かさや優しさに満ちていて、
「あぁ、こんなにも画面に並ぶ文字が温度を持てるんだ」と感激しました。

editor プライベート・アカウントのプロフィールに書いている
「人柄は言葉に表れる」 は間違いではなかったんだ… とホッとすると同時に、
これからは記事やツイートにおける言葉選びに今まで以上に気を配っていこうと
気持ちを新たにしました。バッチさん、いつもためになる啓発をありがとう☆

Advertisements