2014/06/11 : Benedict narrates Guardian’s documentary video about Modern-day Slavery

TESCO や Walmart といった大手スーパーで売られているエビが
いつでも安価で手に入るの本当の理由は何なのかでしょうか…?

英 The Guardian 紙のマルチメディア・チームが半年をかけて
取材して突き止めた衝撃の事実をまとめたドキュメンタリービデオの
ナレーションをベネディクト・カンバーバッチが担当しました。

映像には、再生してすぐからかなりショッキングな場面があります。
気分が悪くなりやすい方は、くれぐれもご注意の上ご覧ください。

The Guardian
Globalised slavery: how big supermarkets are selling prawns in supply chain fed by slave labour

関連記事
Trafficked into slavery on Thai trawlers to catch food for prawns
Revealed: Asian slave labour producing prawns for supermarkets in US, UK

editor は、以前から フェアトレード という考え方はよく意識していて、
できる限りフェアトレードのラベルの付いたコーヒー豆やチョコレートなどを
買うように心掛けてきたのですが、今では大抵の場所で気軽に買って
味わうことのできるエビなどの背景にもこのような重い現実があったとは…

バッチさんがきっかけで、またひとつ勉強することができました。
日本のスーパーに流通しているものはどうなのか… 気になります。

Advertisements